釉がけ

IMG_5994_convert_20111027200343.jpg

今日は、釉薬をかけました。
栗の皿に2種類の釉薬をかけていきます。
素焼きの状態ははだ色で吸水性が高いです。
とろっとした液体状の釉薬を吸わして器の表面に粉をまとわせる感じです。

写真の右はまだ水分が浮いてますが、しばらくすると器が水分を吸って、手で触ってもべたつかなくなります。
なんとなくその瞬間がすきです。
釉薬によってすっと、水分が引くもの、なかなか引かないものがあります。
なかなか水分がひかないと作業もはかどらないので、
最近は猫が入ってきて欲しくないところに敷くものを利用しています。

突起がたくさんあるので乗せておきます。
陶芸専用の道具でないものが、意外と役立つことがあります。


「ごはんどき」まであとすこし!














スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

植山黄世

Author:植山黄世
なにげない日々の暮らしに
馴染むうつわ
そんな器をつくりたくて
のどかな岡山にて作陶中

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ