スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ごはんどき

DSCF0814_convert_20130927193521.jpg

ごはんどき、始まりました!
56畳という広さをどうするかなと心配していましたが、かずちゃんがすっきりいい感じに配置を考えてくれました!

DSCF0808_convert_20130927193720.jpg

四角の皿は、藁を燃やして作った自作の藁灰釉。
木の実の文様がいい感じにでました。
にらの花かしらといわれたりしましたが、なんとなく木の実のイメージです。

虫食い葉っぱの箸置きも自作した灰釉です。
土、灰、長石のみのシンプルな釉薬。
香川の陶(すえ)という土地の土を使っています。


DSCF0810_convert_20130927193913.jpg

平日ですが、たくさんの人にご来場いただきました。
本当にありがとうございます。

明日、明後日と栗の豆鉢と皆様のお越しをお待ちしていますよ~。



「ごはんどき」

藤原加寿子、植山黄世 陶器ふたり展

9月27~28日  金土日
11:00-16:00

新渓園 敬倹堂 (大原美術館敷地内)
倉敷市中央1丁目1番20号







スポンサーサイト

41分の1

DSCF0807_convert_20130920173429.jpg

今年でなんと5回目!

「ごはんどき」

藤原加寿子、植山黄世 陶器ふたり展

9月27~28日  金土日
11:00-16:00

新渓園 敬倹堂 (大原美術館敷地内)
倉敷市中央1丁目1番20号

開催まで一週間をきり、へろへろで窯たき。
焼くときは焼成グラフをつけていくのですが、
なんと素焼き本焼きいれて365回を超えました。
41年生きているうちの1年間は私、窯たいているのですね。

和室でお庭も素敵です。
ゆっくりしに来てくださいね。




DSCF0801_convert_20130920173734.jpg

栗のおいしい季節になりました。
栗のお皿と豆鉢。
なかなかいい色に焼けています。







プロフィール

植山黄世

Author:植山黄世
なにげない日々の暮らしに
馴染むうつわ
そんな器をつくりたくて
のどかな岡山にて作陶中

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。