釉がけ

IMG_5994_convert_20111027200343.jpg

今日は、釉薬をかけました。
栗の皿に2種類の釉薬をかけていきます。
素焼きの状態ははだ色で吸水性が高いです。
とろっとした液体状の釉薬を吸わして器の表面に粉をまとわせる感じです。

写真の右はまだ水分が浮いてますが、しばらくすると器が水分を吸って、手で触ってもべたつかなくなります。
なんとなくその瞬間がすきです。
釉薬によってすっと、水分が引くもの、なかなか引かないものがあります。
なかなか水分がひかないと作業もはかどらないので、
最近は猫が入ってきて欲しくないところに敷くものを利用しています。

突起がたくさんあるので乗せておきます。
陶芸専用の道具でないものが、意外と役立つことがあります。


「ごはんどき」まであとすこし!














スポンサーサイト

山口アーツ&クラフツ 2011

山口から、無事に帰ってきています。
今回は、雨が心配され3×3mの大きめテントにしたところ、
雨はどうにか降らず、そのかわり強風にあおられるという非常事態の一日目でした。
テントがしなってしなってこわいので、お隣さんたちに協力してもらい、
屋根をとっぱらっての展示販売となりました。


二日目も骨組みだけあってはなんだかおかしいので、青空のもと
一日過ごしました。雨が降らずよかったです。日焼けはしましたけど・・・

IMG_5990_convert_20111024195721.jpg

IMG_5988_convert_20111024195900.jpg
二日目の朝、でっかい虹が出ていました。


IMG_5992_convert_20111024200109.jpg
今回の守り神はマツムシさん。
二、三時間は、わたしの器の中で過ごしていました。


たくさんの方に、器を見ていただき、手にしてもらい本当にありがとうございました!
私は今回で3回目の参加でしたが、毎年私のブースに来てくださる方が何人かおられてほんとうにうれしく思いました。
作家さんともいろいろお話ができて元気をもらいました。
モノを作る姿勢を正していきたいとも思いました。


「ごはんどき」まで一週間ほど。
もう、ひとふんばり。








ごはんどき 

今年で3回目を迎えることになりました。
「ごはんどき」ーあたたかい時間ー

藤原加寿子、植山黄世の陶の器のふたり展です。

ごはんどき、それは日々の中で心和むあたたかい気持ちになる時間。
ひとりでほっこり湯飲みを手にして。
大切な人と一日をふりかえりながら。
気の置けない仲間とにぎやかに。
いろんなあたたかい時間によりそう器たち。

岡山にて作陶するふたりの器を今年も秋の深まる新渓園でゆっくりと
ご覧ください。


 新渓園 遊心亭
(大原美術館敷地内 本館と別館の間の建物 入場無料)
   倉敷市中央1-1-20
   086-422-0338

 11月3日(木)~6日(日)
 10:00-16:00
   3日のみ11:00からの展示販売となります。

 和室での展示となりますので、ゆっくり手にとって
 お気に入りの器を探して頂けたらと思います。






IMG_5973_convert_20111016150839.jpg









秋ですね。

すっかり、秋らしい日が続きますね。
今日は、岡山市北区奉還町商店街にある「人形のこどもや本店」に行ってきました。
お知らせが遅くなりましたが、こどもやさんで手作り作家の作品展として、参加させてもらっています。
10月23日まで、人形たちがたくさん展示されているなか、スペースをかしていただいて、古布・和小物、古布のタペストリー、屏風などの作品と一緒に展示販売しております。

「人形コレクション」として、お雛様はじめ様々なお人形がそろっております。
ぜひ、見て頂きたいなあと思います。


岡山市北区奉還町2-13-4
086-252-0861
会期中水曜定休  お店の北側に駐車場有
10:00-19:00




帰りに、軽トラに乗るヤギを発見。
なんで、こんなに混んでるんだと前を見つめています。

IMG_5955_convert_20111011183024.jpg

しまいには、身をのりだして、「どうしますぅ、道変えますか?」
などと運転手さんに言っているようです。
IMG_5956_convert_20111011183822.jpg

















アートクラフトフェスティバルinたんば 終了!

アートクラフトフェスティバルinたんば 
無事に出展してきました。
いつもは雨が名物なのですが、今年は曇りときどき晴れのクラフトフェア日和でした。
ほんとによかったです。
初めて、クラフトフェアに出展したのが丹波でした。
今回、3回目の参加で、毎年お会いできるお客さんも何人かおられます。
「使ってますよ。」とか、子どもさんが「このお皿うちにある。」とかうれしい声も聞けました。
より使いやすく、すーっと暮らしになじんでいける器を作り続けたいなと改めて思えました。

大きな木々に囲まれ芝生が気持ちよく、お客さんとものんびり会話ができて、たのしい二日間でした。



IMG_5953_convert_20111003094216.jpg

ブースの区割りがないので、広々と展示ができます。


IMG_5951_convert_20111003094415.jpg

よるゆきの湯呑とかえる。





10月22、23日は山口へいきます!
会場は市街地ですが、芝生の気持ちよい公園です。
お近くの方、ぜひぜひお越しくださいね。

山口アーツ&クラフツ









プロフィール

植山黄世

Author:植山黄世
なにげない日々の暮らしに
馴染むうつわ
そんな器をつくりたくて
のどかな岡山にて作陶中

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ