ごはんどき 終了!

IMG_4441_convert_20101123202740[1]

紅葉を眺めながらの展示、無事に終えることができました。
来て下さったみなさま、DMを置いてくださったお店のみなさま、新聞に掲載してくださったみなさま、本当にありがとうございました。

自分のまわりのたくさんの方に感謝の気持ちいっぱいで展示を終えることができました。

頂いた言葉を胸にうつわ作りに邁進していこうと思います。
これからもどうぞごひいきに。




IMG_4451_convert_20101123204233[1]
カンガルーポーという、黄色の花がかわいらしい

IMG_4454_convert_20101123203046[1]
うちの在庫置きでもある食器棚に展示
IMG_4456_convert_20101123203216[1]
「うみそら」シリーズの飯碗など
IMG_4457_convert_20101123203336[1]
かずちゃんが山から取ってきてくれた山の柿がいい感じ
IMG_4460_convert_20101123203442[1]
「よるゆき」「ゆきあと」シリーズでまとめた展示
IMG_4461_convert_20101123203601[1]
急須と湯呑み 「ゆきあと」
IMG_4463_convert_20101123203706[1]
スプーンとフォークの箸置き
IMG_4465_convert_20101123203852[1]
かくかくしかく皿  「よるゆき」「ゆきあと」






スポンサーサイト

ごはんどき 2日目無事終了

朝から雨がしとしと。
お庭も紅葉もしっとりといい感じでした。

雨降りの中、たくさんのお客様に来ていただき感謝感謝でございます。

今日はNさんがお花を飾ってくれました。
きどらない花たちを私達の展示に合うようにさりげなく素敵にいけてくださいました。おかげで、かずちゃんのしのぎの一輪挿しがどんどんお嫁にゆきました。
白い粉引きの優しい肌合いに緑とヘビイチゴの赤い実がとってもよく映えます。

Nさんはうつわもお好きで、私達の展示をとても楽しみにしていただいていたようで、ほんとにうれしく思いました。

中学からの友人、高校からの友人も来てくれてプチ同窓会・・・
昔からの作品の変化を見続けてくれていることに、ほんとにありがとう。


いろんな方々に元気をもらい、明日一日がんばりまーす。


IMG_4435_convert_20101122231649[1]

器を手にとってゆっくりとみていただいています。









ごはんどき 開催中

IMG_4431_convert_20101122055401[1]


新渓園にて、「ごはんどき」開催中です。
今日、明日まで。
ちょうど、もみじのきれいなときで、会場にいても癒されます。
20畳ほどの和室で、落ち着いた展示となっています。

昨日はほんとによい天気でした。
今日は曇り時々雨の予報。
ざーざー降りでなければ、しっとりといい感じかもしれません。



IMG_4430_convert_20101122060359[1]










窯たき

今日は窯をたきました。
「ごはんどき」がもうすぐなので少々あせり気味・・・
藤原加寿子さんとの二人展です。
まだテストしたいものもあったりで、最後までどんな釉薬、風合いにしようかと悩みながらの窯詰めでしたが、なんとか夜中に火をつけることができました。
夕方まで焼いて、明日の朝には出す予定。
毎回全く同じようには温度も上がらないし、還元具合も・・・
そして、次の日までどきどきしているのです。



IMG_4425_convert_20101110173459[1]



   ごはんどき

藤原加寿子、植山黄世、普段使いの器の二人展

2010.11.21~11.23  (日、月、火曜)
10:00-16:00 初日のみ11:00スタートです

新渓園 倉敷市中央1-1-20
大原美術館敷地内 入場無料(新渓園のみ)


三日間のみの和室での落ち着いた展示販売となります。
ぜひみなさん、お越しくださいませ。













倉敷アートバザール

今日は倉敷へ器をしょって行きました。
国文祭の一環で倉敷アートバザールに出展です。
ステージがあって、ジャズやダンス、合唱などが繰り広げられていました。
おいしいテントもあって、とってもにぎやかでした。
明日もあるのでみなさんぜひどうぞ。

倉敷芸文館前広場です。

IMG_4407_convert_20101107000042[1]


芝生のほうではフィールドオブクラフト倉敷の作家さん達のギャラリー兼作家の器で食べられるランチ、カフェの素敵スペースが。
どの作家さんの作品もすてきだったのですが、とくに福岡彩子さんの釉薬がしっとりとしていて心を持っていかれました。形も素敵だし、蓋物の中にさじが入っているのもかわいかったんです。
すくうものを入れるんだな、このかわいいさじですくうんだなと想像して、ふふふ。


どきどきしたり、にやけてしまうようなものを作れたらいいなと強く思ったのでした。













プロフィール

植山黄世

Author:植山黄世
なにげない日々の暮らしに
馴染むうつわ
そんな器をつくりたくて
のどかな岡山にて作陶中

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ