暑さを乗り切る!

IMG_3988_convert_20100723084222[1]




毎日、あっついですね。
どうしても疲れがたまりやすくなる今日この頃。

うちでは、うめ三昧で乗り切ろうとしています。
頂いた梅をうめジュース、梅干し、梅酒にしといたんです。

うめジュースは梅のエキスがジュースに出てしまうのでどうかなと思いましたが、もったいないので梅ジャムにしてみました。
すっぱあまくて、なかなかいけます。

ヨーグルトにもあいそうです。




お皿はよるゆきシリーズの15センチほどのもの。
(黒釉に白釉のドットで、夜空の雪をイメージしています。)
この季節、冷奴にもよくあいます。


IMG_3993_convert_20100723085047[1]









スポンサーサイト

操山のキノコ観察会



昨日は暑かったですね。夏本番です。
そんな中、私は子供と義姉さんとキノコ観察会です。
山に入るとやはり涼しい。
今年は到着するなり、冬虫夏草の図鑑を子供に渡され、「ざーっとみて、覚えて見つけてね!」とキノコ先生。
子供は珍しいキノコ発見率がとても高いのです。

IMG_3957_convert_20100720064501[1]



そして、今年は5年ぶりにキノコ大発生、先生もうきうき。

IMG_3960_convert_20100720063801[1]


下につぼがあって、ひだがあるものは、だいたい毒キノコ。
写真の白いのはドクツルタケ。
死ねるらしい。

食べられるキノコは少ないのでその特徴を覚えたほうがいいんですって。
アイタケ、アカヤマドリ、オニイグチモドキなど、この時期、操山で食べられるきのこ。
アイタケは緑っぽいし、アカヤマドリは大きくて色が軸が黄色でカサがオレンジっぽい茶色。オニイグチモドキは黒っぽくてとげとげしい。
これぐらい特徴があると私でもおぼえられます。

オニイグチモドキを見つけたけど、裏側がすこしカビていたので食するのは断念。


ベニタケがほんとに笑えるぐらい発生してました。
赤くてかわいい。
ドクベニタケはかさの皮をむくとぽろっとならずに薄皮がつるっとむけます。センターに帰ってから、先生が教えてくれました。

IMG_3980_convert_20100720063916[1]


今回も名前のわからないキノコを帰ってから図鑑で調べました。
名前がない?わからない?きのこのほうが多いのでなかなか難しいのですが、~科ぐらいまではどうにかわかるようになりました。

今回は冬虫夏草はみつかりませんでしたが、とっても見たかったイヌセンボンがセンターに帰ってから、誰かが見つけていたようでじっくり見ることができました。
また自分でみつけたいものです。

心躍る一日でした。










アトリエ・ドゥ・ノエルにて

   IMG_3931_convert_20100702192802[1]


今日は少し雨が降り、むしむしとしていましたが、ノエルのお庭はしっとりと落ち着いた感じです。
門を入って玄関からの写真。
私の大好きなコケが生き生きとしていましたよ。
フウチソウも見事です。




   IMG_3932_convert_20100702192940[1]

ギャラリーはというと玄関から左手に見える木の色が明るい建物です。
手前の和室ではハーブティー、ご主人自慢のおいしいコーヒー、お紅茶、ケーキがいただけます。




   IMG_3939_convert_20100702193124[1]


そして、器を展示しているギャラリーは自然光がたっぷりはいる木の風合いが素敵な場所です。

ギャラリーでの素敵な出会いがあるお話しをお聞きしていたら、私にもうれしなつかしな出会いが・・・
大学時代アルバイト先で一緒だった後輩がたずねてきてくれました!
15年ぶりぐらいかな。
「天安」というおいしい天ぷらやさんで一緒に働き同じまかないを食べた仲間です。
貧乏学生には、おいしい晩御飯をいただけるのがありがたかったな。
懐かしい話にはながさきました。


素敵な場所には素敵な出会いがあるものですね。
明日一日となりました。
みなさま、お越しくださいませ。




プロフィール

植山黄世

Author:植山黄世
なにげない日々の暮らしに
馴染むうつわ
そんな器をつくりたくて
のどかな岡山にて作陶中

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ