おでかけ

         IMG_3486_convert_20100129171017[1]




今日は、素敵な器を作っているかずちゃんとお出かけしました。

大学時代の後輩、小橋君がデパートで急須の展示をしているからです。

とにかく彼は急須の技術がすんばらしい!

びっくりするくらい軽くて、茶漉しはむっちゃ穴が開いていて、お茶のきれがよいときています。

備前ですが、こんなにいろんな色があるんだなと思うくらい、多彩です。

かずちゃんといろいろ質問してしまいました。

たのもしい先輩のような後輩です・・・




     小橋順明 特集   ~備前焼の急須を中心に~

場所   天満屋岡山店5階 画廊アートスペース
     2月2日まで 最終日午後4時まで



みなみなさま、ぜひ足をお運びくださいませ。




久々に街へ出たもので、プロフーズやら、おいしいパン屋やら楽しかったです。

道具屋で型を購入(豆皿パレード計画中)したり、図書館で焼き物や料理の本をかりたり。

制作のためのリフレッシュができました。

普段はラジオ聞きながら、もくもくとしているので、制作について気持ちの通じ合えるかずちゃんとのおしゃべりは楽しかったな~

あと見かけによらずあわてんぼうのかずちゃんにいっぱい笑わせてもらいました。








スポンサーサイト

ごはん茶碗

         IMG_3462_convert_20100120194516[1]




ごはん茶碗

すーっと手に馴染んでくれるごはん茶碗

轆轤を挽くとき手をくわえすぎないよう

できるだけ自然にふわりとのびた形

高台もでしゃばらないよう

すんなりとした形をめざして

何個も何個もつくります







           IMG_3467_convert_20100120202327[1]



           
学生のとき、初めてごはん茶碗らしい形に仕上がった

少し大ぶりな丸っこい茶碗

今でもときどき使います

なんだか憎めなくて大事なことを思い出させてくれるから

























カップの取っ手

        



         IMG_3435_convert_20100108163344[1]



カップのとってを作りました。
ひも状に粘土をよって、布で平らに締めてから形づくります。

粘土の塊から引っ張って伸ばしてというやり方もありますが、
私はどうしてもうまくいきません・・・
なので、コツコツ手で作ります。

ぐるぐるが好きなので、下のとこはぐるぐる。







         IMG_3439_convert_20100108163453[1]



30個ぐらい作ると最初のが少し乾いてきて、カップ本体に接着できます。

ドベ(粘土を水でどろどろにしたもの)で、しっかりきゅきゅっと。
接着のあとは、逆さにします。
重みでかたちが下さがりにならないようにです。

あとは、接着部分の仕上げをのこすのみ。

これがまた手間なのですが、ちょっとの衝撃でとれたらいけないので
しっかりと仕上げるようにしています。

手のかかる子ほどかわいいといいますが、
うちのカップちゃんもそんな感じです。








        






謹賀新年

          IMG_3432_convert_20100105093602[1]




新年、あけましておめでとうございます。

工房近くの山からの朝日です。

冬の朝の空気に光。

気持ちがいいですね。

毎日、太陽が昇るように、毎日うつわを制作していきたいものです。


今年もどうぞ、よろしく。


プロフィール

植山黄世

Author:植山黄世
なにげない日々の暮らしに
馴染むうつわ
そんな器をつくりたくて
のどかな岡山にて作陶中

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ