山口アーツ&クラフツ

IMG_3189_convert_20091026103447[1]





10月24、25日と山口に行ってきました!
高速道路も2回目、少し慣れたけど、夜中の1時に出発したので眠くなりパーキングで仮眠をとりながら5時間かけて到着しました。

山口情報芸術センター前の芝生広場にて、130組ほどの作家が展示販売でした。
岡山からの作家さん、丹波でご一緒した作家さんと知り合いもちらほらといて、私もかけあしで見て回りました。
「ごはんどき」で二人展をする藤原加寿子さんも参加で、楽しかったです。展示の仕方がガラス戸を台にしたり、木の板をオイルステインで塗ったものであったりと素敵でした。

お天気にも恵まれ、たくさんのお客さんが来てくれましたよ。
山口からだけでなく、広島や福岡からのお客さんもいてびっくりでした。


やきものというと登り窯をイメージされる方が多いと思い、うちのかわいい灯油窯を写真にとってもって行きました。
灯油が燃料の窯なんですよと見てもらうと、たくさんの方がへぇーと興味をもってくださいました。

芝生広場という開放的なことからか気さくにお話してくださる方が多く、いろんな感想やアドバイスをいただけました。
1日目来てまた2日目も来てくださり、やきものの写真のプリントアウトしたものを持ってきてくれた方もおられました。
この曲線を目指したらいいよとわざわざに足を運んでくださり本当にありがたいなーと思いました。

ほめてくださった言葉にうれしくなり、アドバイスいただいたことに背筋を伸ばして、作陶に励んでいきたいと心した2日間でした。
スポンサーサイト

ごはんどき

IMG_3135_convert_20091019204147[1]






 ごはんどき


 毎日くりかえす日々の営み

 うれしいときも かなしいときも

 体に力を与えてくれる大切な時間
 
 お気に入りの器があれば

 ほんの少し幸せな気持ちをプラスできる

 あなたのうつわを探しにきませんか







「ごはんどき」と題して、うつわの二人展を行います。
11月13日、14日、15日の三日間のみ。
初日は11時から16時、あとは10時から16時まで。

倉敷市中央1-1-20
新渓園  (大原美術館と分館の間に位置する建物)


お茶室として使用されることの多い素敵な新渓園にてうつわを展示販売します。
紅葉も色づいている頃ではないでしょうか。
お出掛けついでにぜひ、見に来てくださいね。

アートクラフトフェスティバルINたんば



10月3,4日と丹波に行ってきました!
初めてのクラフトフェアに参加です。
野外に出展は何回かあるものの、県外は初めてでおまけに高速道路もお初でした・・・
今回のために取り付けたETCも無事使えました。

車の初めてついでに、会場の雨上がりのぬかるみにはまって動けなくなりました・・・とほほ。
やさしいスタッフ、作家さんに押してもらいどうにか出れた。
ありがたかったですぅ



会場は丹波年輪の里というのんびりゆったりできる芝生広場のすてきな公園でした。
二日間あるのでキャンプされる方も結構おられたようです。
あと犬を連れた方がほんとに多くて楽しませてもらいました。

高い木や空がほんとに気持ちよかったですね。

お客さんもゆったり気分になるのか、じっくりと作品を見てくださった方が多かったように思います。
制作過程や窯、こんな器があったらいいななどいろいろお話できて、たのしかったです。

ほかの作家さんといろいろお話できたのもよかったです。
急須のコツを詳しく教えてもらったり、粘土はどこが安いとか、
ほかのクラフトフェアの情報など。
さすがに全部の作家さんは回れなかったけど、半分近くは見れたような・・・
作品を直接見れて、作家と直接話せる楽しさはわたしもお客さんと一緒でした。



緑に囲まれほんとに気持ちよく展示販売できたこと、両隣ブースの方たちにテント設営、片付けを手伝ってもらったこと、マイミクてんちゃんさんに雨対策用品を教えてもらったこと、スタッフの方々の心遣いなど
自然の気持ちよさと、ひとの温かさにふれられて幸せな二日間でした。



プロフィール

植山黄世

Author:植山黄世
なにげない日々の暮らしに
馴染むうつわ
そんな器をつくりたくて
のどかな岡山にて作陶中

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ